愛媛FAZの会社案内

平成4年のFAZ法制定に基づき、愛媛FAZ構想(松山で四国及び瀬戸内の中核的な貿易と国際産業交流の拠点づくりを目指す政策)が掲げられ、この構想を推進するため、官民あわせて48団体・企業の出資により平成5年4月に愛媛エフ・エー・ゼット株式会社は設立されました。
同年5月に「愛媛FAZ計画」が国の第1号指定を受け、松山港を中心とした愛媛の貿易拠点
愛媛国際物流ターミナル(I-LOT)」と「愛媛国際貿易センター(アイテムえひめ)」の整備が進められました。
両施設は平成8年に開業し、それ以来当社は両施設の管理運営をはじめ、貿易実務のサポート(情報提供・相談・貿易代行等)や、国際見本市・商談会等の各種事業を企画・実施し、愛媛企業の国際化、海外取引の支援を行っております。
I-LOT
国際物流拠点
愛媛国際物流ターミナル
Ehime International Logistics Terminal



I-LOT(アイロット)は、英語名称
Ehime International Logistics Terminal
の頭文字をつなぎあわせた造語です。
松山港の国際化を推進するため、西日本で唯一の総合保税地域の許可を受けた敷地内に輸出入貨物の荷捌き、保管、展示、流通加工、仕分けなどの機能を持つ施設を集約し、愛媛の国際貿易拠点の役割を担っています。
国際物流拠点
愛媛国際貿易センター
Ehime World Trade Center



アイテムえひめの「アイテム(ITEM)」は、
International Trade & Exhibition Messe
の頭文字をつなぎ合わせた造語です。
施設1F、4Fには、中四国最大級の大展示場(4,500㎡)・小展示場、会議室があり、大規模な国際見本市や商談会、レセプション、セミナー等、多機能に会場利用ができます。
2F、3Fのビジネスオフィスでは、ジェトロ愛媛貿易情報センター、(社)愛媛県産業貿易振興協会等の貿易関連企業等が入居し、相互に連携を図りながら県内企業の産業振興と国際化を積極的に推進しています。
アイテムえひめ